メニュー

39meister selection

39meister selection

メールマガジン
無料メルマガ登録しませんか?
最新情報をお知らせします。
  • facebook
  • twitter
コミュニケーションお知らせランプ

スマホのコミュニケーションを
今よりもっと使いやすく!

  • ・下海 薄前

 ここ最近、MVNOなどの格安SIMが台頭してきたこともあり、シニア世代がスマホを利用することが多くなってきました。ただ、一般のスマートフォンは必ずしもシニアの方が使いやすいようにはなっておらず、自分でカスタマイズできる方はアプリインストールや設定を変更して使いこなしているのが現状です。このような使い方ができるのはリテラシーの高い一部のシニア世代です。多くのシニアはここまで使いこなすことはできずに操作ミスを恐れながら触っていたり、わからないことがあったらショップに駆け込んだり、それでも駄目なら最悪ガラケーに戻す方もいらっしゃいます。スマホは自分に合ったアプリを入れて正しく使えればシニアの方にもガラケー以上のメリットを提供できます。実際はそこまで使いこなせていない方が多くいらっしゃる現状に、コミュニケーションだけでもガラケーより便利であることを体験頂きたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。
60代後半になる義理の両親が引っ越すことになり、それをきっかけに家計の固定費を見直ししました。その一環として、通信費も安くしたいと思い、思い切って固定電話を解約し、格安SIMのスマートフォンを2人にそれぞれ持たせることにしました。理由は2人だけで住んでいることや仕事等でお互いが日常別行動になることが多く、各々連絡がとりやすい携帯電話だけにした方がメリットがあると考えたからです。そこで悩んだのがスマートフォンを持たせて使いこなせるか?という点でしたが、SIMフリーのガラケーが出回っていないことやLINEを利用した通信費の削減などを考えるとシニアの家計に易しい選択肢はスマートフォンしかないと判断しました。こうして使い方は自分が教えれば何とかなると割り切り、両親には頭の体操にもなるよと説得してスマートフォンを持たせることにしました。

ただ、現在も頑張って使ってもらっていますが、使い方を教えるのに想像以上に苦労してます。(未だ悩みながら使っていますが…)また、使い方を教えるだけでは解決できないことがあることもわかってきました。特にスマートフォン特有のマルチタスクであったり、通知画面の内容、電話のかける・とるといった基本操作、どれをとってもガラケーとは異なるものであり、PCを使っていなかった両親には何故こうなっているのかといった根本の理解から相当ハードルが高いものとなっています。特に問題だと思っているのは、両親には画面サイズが5inchクラスの機種を渡しているのですが、一般のスマートフォンは通知バーのアイコンサイズも小さいため通知が届いたことに気付かないことがあり、LINEなどのトークを見逃すことがあります。これらの課題は本来スマートフォン側での解決を望みたいものとなりますが、シニア向けに特化した機種以外では対応が不足しているのが実情です。

スマートフォンを持たせた時の最初の失敗談として、2人が電話のかけ方、切り方を練習していた際に、お互いが切断をせずにホームボタンで切ったと勘違いしてずーっと通話が継続していたという事件がありました。おかけでその月はすごい請求がきてしまい、せっかく通信費を節約するためにスマートフォンを選択したことが逆に仇になってしまったという悲しい出来事が起きました。これには自分も失敗したと思いました。電話をかける・通話・切断という基本的なことすらちゃんと教えられなかった自分を悔しく思ったのと同時に、様々な情報を取り扱えるスマートフォンならではの問題としてコミュニケーションだけに特化した使い方を教えるのは容易ではないと感じました。このエピソードをきっかけとして、スマートフォン以外の周辺デバイスで何かコミュニケーションを使いやすくできることはないかと思い、今のプロダクトに辿りつきました。

我々家族が期待するのはいつでも確実に両親と連絡がとれることです。特に在宅中の連絡手段が固定電話からスマートフォンになりましたが、それでも今までと同様に確実に連絡がとれることが重要です。ただ、実際には両親は帰宅してからスマートフォンを鞄の中に入れっぱなしであったり、どこかに放置していて近くになかったり、マナーモードのままにしていたりと確実に連絡がとれる状態になっていないことがあります。これを毎回帰宅時はマナーオフにして身近に置いておくようにと指導しても現実的には困難です。このため、帰宅時にスマートフォンと自動的にペアリングして電話の着信などを確実に知らせてくれる固定型デバイスがあると便利だろうと考えました。デバイスの設置場所は在宅中に一番いる時間が長い場所が良いかと思い、リビングやテレビ周辺を想像しました。ここに置いてインテリアとして邪魔にならず、かつ着信時は見落とさないデバイスということでおしゃれな卓上ライトに通知機能を持たせることを考えました。

 技術的なポイントは、コミュニケーション系の機能(アプリ)の通知だけをデバイスにお知らせするという部分になります。こういった機能を持った周辺デバイスが市場にあまりなかったので、どんなアプリでも対応可能なのか調査を行いました。ネットや有識者を通じてAndroidの通知に関する情報を調べたり、他のIoTデバイスの機能を調べていくうちに、基本的なコンセプトは実現できそうなことがわかってきたので、試作機の開発に着手することにしました。

既存のBLE連携ができるLEDデバイスを流用して実機に近い形で動作するハードウェアを試作しました。まだ、実現したい機能を実装しているわけではないので、モックアップに近いものとなります。今後はこの試作を使って商品のコンセプトに共感してもらえるかヒアリングを実施したいと考えております。

 今後、この試作を用いた検証において評判が良ければ、商用に向けて本格的に検討していくことになります。個人的な思いとしては、この製品のメリットを享受できるのはスマートフォンを便利に使いたいシニア層で考えているため、最終的にはシニアの方がよく訪れるお店や大手量販店などに並べて頂き、拡販できるとすごくうれしいです。また、このデバイスにはまだ色々なアイデアが盛り込めると思っているので、お客様の声をスピーディにフィードバックしてより使いやすいデバイスに進化していけることが夢です。

contact

white label iot maker 39meister

contact

プロジェクトをご相談したい方
コラボレーションしたい企業
お問合わせは、下記メールアドレスまでお送りください。
(窓口:株式会社ハタプロ)

selection

white label iot maker 39meister